« やっぱりうまいね!得正のカレーうどん | トップページ | 鼻うがい »

「ハイパーウルトラメカ」ジェットビートル、組立て

Vtolsm1Vtolsm3_2  今年はじめにゲットした「ハイパーウルトラメカ」4種セット(800円)の3つ目を組立て。
  今回は、科学特捜隊の「ジェットビートル」です。
翼や胴体に余分なモールドはいっさいなく、パネルラインなども省略されてツルンとしていますが、フォルムだけでカッコイイですね。

 プラスチック製ですが、操縦席上のアンテナや、ジェット噴射口などは、ポリエチレン製です。
Vtolsm2Polibond1ポリエチレンはいつも使っているタミヤセメント(プラ専用)が利用できませんから、特別な接着剤を利用することにしました。
これです。
ポリエチレンは、接着剤が完全に硬化すると剥離してしますので、これは粘度を保った状態で、接着されます。
強度は全然ないのですが、ポロッとおちることはありません。

いつものとおり、素の組み立て・・・
流星マークの縁取りの白が太すぎるのですが、弟くん用ですから作業は省略。
このままでいきましょう。

以前に製作したバンダイ復刻版の宇宙ビートルと比べてみると、かなり小さいのがわかります。
Vtolsm4宇宙ビートルは胴体がわりとずんぐりとディフォルメされていますし、赤いラインも操縦席前の部分が実際と違います。
それに、前翼が水平に胴体からはえていたりと結構、アバウトな形状ですが、ジェットビー トルは違和感なくフォルムにはこだわりを感じます。

さて残りは、ポインターです。

|

« やっぱりうまいね!得正のカレーうどん | トップページ | 鼻うがい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイパーウルトラメカ」ジェットビートル、組立て:

« やっぱりうまいね!得正のカレーうどん | トップページ | 鼻うがい »