« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

レゴでゼットン!

 さて「レゴでウルトラマン」シリーズの第2弾、本日のお題はゼットンです。
Zetton 白黒黄の3色ボディはレゴ向きなのですが、ブロックが足らずに頭部と胸部だけになってしまいました。
いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レゴでウルトラマン!

昨日で仕事を納めて今日からお休みです。
さて弟くんにクリスマスプレゼントとして買ったレゴで、パパも遊んでいます。
たくさんのパーツがあるのですが、何かをつくるとなると割りと足らないものです。
Logoultra1Logoultra2Logopegira2   何をつくったかというとこれです。
赤白のツートンだと、なんでもウルトラマンに見えるんですね。
いかがでしょうか?

おまけにこれを・・・
ペギラにみえませんよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラ物的クリスマスプレゼント

 さて今日はクリスマスパーティを開催しました。

弟くんへのパパ的プレゼントは、これでした。

Presents2007xmas 「大怪獣バトル」のナフキン 525円だったかな?
ウルトラマンの変身グッズの食玩、5種 1400円
ブラックキングのソフビ 200円
ジェロニモンのソフビ  200円
ポインターのミニカー  300円
合計2700円弱
ナフキン以外はいつものキャラ物屋でゲットしたものです。

メビウスとヒカリの変身アイテムは、合体も可能で一日中遊んでいました。
弾丸のようなものはウルトラセブンのカプセル怪獣です。
Presents2007xmas2 ポインターは300円ながら、LEDが仕込まれていて光りますし、マシンガンの発射音と飛行音がなる優れものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルーンアートのウルトラマン

Fusenultra1 下の弟くんが商店街で面白いものをもらってきました。
これです。
わかりますか?バルーンアートのウルトラマンです。
赤い部分がリング状になっていて、頭にかぶることができます。
シンプルな構造で、よくみるとかなりアバウトなのですが、赤と白(銀?)と黄色というのがウルトラマンの記号なんですね。
パッと見た瞬間、ウルトラマンと認識できました。
Fusenultra2製作された方、なかなか良いセンスをしてらっしゃいます。

弟くんはこれをかぶって商店街の中を大声でシュワッチと言いながら練り歩いたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルのヌードルを試食!

 先日、日清のインスタントラーメン発明記念館でつくったオリジナルヌードルを試食してみました。
Hiyokokamaboko パパは、カレー味で、具はガーリック、なると、チーズ(ダブル)の組み合わせ!
なるとは、ひよこマーク付です。
食べてみましたが、チーズがあまり解けずかたよってしまいました。ガーリックチップも食べたときだけガツンときますね。
いやーイベント性はありますが、やはりオリジナルのカレーヌードルが一番おいしいようです。
絵付けしたカップもベタベタして、気持ち悪いです。

Papanudle とはいうものの、今日はちょうどTV番組「せやねん」で、同館の紹介をやっていて、なつかしく思いながら楽しんで食べる事ができました。

さて、子供たちは体験教室で作成したチキンラーメンを食べました。
どんぶりに入れて3分。袋ラーメン随一のお手軽さです。
さてこちらのお味ですが、市販のチキンラーメンよりも若干薄味のように思えましたが、チキンラーメンはチキンラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂用メガネ

 パパは黒くて小判型の薄っぺらい虫がとても苦手・・・
子供の頃、風呂でふんずけて以来、それがトラウマになって、風呂にはメガネが必要。
古くなったメガネを風呂用のメガネとして使っています。
そのメガネのツルが先日、壊れてしまいました。
しばらく、メガネ無しですごしていたのですが、いつもの100円ショップで面白いものをみつけました。
Pinmegane1 これです。
視力トレーニングのピンホールなメガネです。もちろん100円。
パパは両眼とも0.1を下回る視力ですが、これをかけると、驚くほどよく見えます。
眼のよいママにかけてもらいましたが、「変わらない」といっていましたので、健常者には、役にたたないようです。

複数のピンホールから見ているせいなのか、乱視がひどいせいなのか、複眼から覗いているように、物が複数見えます。
視界がとても狭いので、あまり使い勝手はよくありませんが、湯船の中で歯を磨いている時などは周りが見えるので楽しいです。

Pinmegane2 当たり前ですが、湯気で曇らないのも気に入っています。

子供たちは眼鏡が大好きでこれを遊び道具にしたがって困ります。
逆手にとって、「湯船につかっている間、眼鏡をかけてよい」と言うと、ずっと浸かっているのでゆっくりと温まって良いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿倍野HOOPのイルミ見物!

Hoopirumi3Hoopirumi2   さて、ディズニーランドでクリスマスのイルミネーションは堪能したので、今年は「街のイルミ」へのコミットメントはあまり強くない。しかし、阿倍野のHOOPは、家から近いこともあり、行ってみました。

先週の土曜日、18時頃に上のお姉ちゃんとふたりで行ったのですが、結構、混雑していました。
だんだん有名になったかな?

Apricot2Apricot1  いつもながら美しいですね。32万個の電球とか・・・

「apricot」さんのコンサートもあり、とても楽しみました。
お姉ちゃんも、焼き芋を頬張りながら夢中で観ています。

ボーカルの女性が、トークの中で、「2Fからみるイルミも綺麗!」と話されていたので2Fまで上ってみました。
下から見る景色とは異なり、また違う楽しみがありますね。

その後、近鉄百貨店の地下街で夕食をいただいた後、またHOOPに戻りました。
Hoopirumi119時頃でしたが、18時頃とは異なり、人もまばらで、とても観やすかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発見!100円ショップのパチ物「レゴ」!

 今年の弟くんのクリスマスプレゼントは、「レゴ」を用意しています。
長らくもらいもののダイヤブロックで遊んでいた弟くんもそろそろ、もう少し複雑なモノが組み立てできるように選択しました。
クリスマスは来週ですから、パークス1Fのトイザらス セレクトで、同店オリジナルの青いコンテナ+おまけパックのセットを5999円で購入済みです。

Daisolego  さて今日、家の近所のダイソーへ立ち寄りますと、なんと、あるじゃないですか!
ダイソー製「レゴ」!、得意のパチ物!

このブロックはもちろん、大きさが「レゴ」と同じで、子供たちが飛行機に乗った際に機内でもらった本物のレゴに合わせてみますと、ちゃんとはまります。
レゴの車両セットなど、とても高価だと思いますが、これなら、タイヤとかハンドルとか、人とかいろんなパーツが100円です。
たぶん、レゴの世界では激安!
とはいうものの、流石に各パーツは若干、誤差が大きいようではめにくかったり、外れやすかったりとイマイチの部分もあります・・・
なにしろ100円ですから、それをさっぴいても十分お得でしょう!?

このダイソー製レゴは、ブルドーザー以外にも車両があって、全部で4種類くらいありました。
今日、残りの種類もゲットしてきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・ツリーとお庭のイルミ

Xtree2  今年は暖冬ですから、いつもは11月に入ってすぐ出すクリスマス・ツリーもこの週末にようやく飾り付けました。
家を建てた時に「でかいツリーを飾ろう」という夢を実現したため、我が家のツリーは無用にでかい。
オーナメント&飾玉をあわせて80個、電飾も3種類、計280球もあり、飾るのも大変。
今年はお姉ちゃんが飾りつけを始めて手伝ってくれたので少しお役立ちでした。

で、できあがったのはこれです。

Xtree1登頂のシンボルスターは良いものにめぐりあえず毎年買えずじまいで、今年もまだありません。
暗くして電飾をともしたほうがキレイですね。

そして、玄関先のイルミ。
昨年、いつものキャラ物屋さんでLEDイルミを大量購入したので今年はこちらも飾りつけが大変です。
我が家のシンボルツリーは「やまぼうし」なので、もともと幹自体が細いことに加えて、嫁さんが枝を剪定し過ぎて、ほとんど棒状態。
はっきり言って飾りつけようがありませんでした。
Irumi2007 それでもむりやり大量の電飾をまきつけて、樹が倒れない様に後ろの塀からナイロン紐でささえ。
まったく樹のほうでは迷惑しているはずです。
去年にひきつづき、庭灯のほうには、チューブライトを巻きつけて、円錐状のツリーに。

夜になって点灯すると流石に達成感があります。

仕事から帰ってきて、庭のキラキラを観ると結構癒されますよ。
ツリーもイルミも家族の幸せの記号のひとつです。
楽しみはしばらく続きます。
でも片付けがまた大変だ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大魔神さま、ご出現!

 先日、TSUTAYAで「怪獣のあけぼの」というDVDを借りました。ウルトラマンの怪獣造形で有名な高山良策さんの功績をいろいろな方の証言や映像でつづるドキュメンタリーです。Daimajin1
ウルトラマンや怪獣デザインの多くは成田亨さんが担当し、それを元に着ぐるみを製作するのが高山さんの仕事。
その高山さんが最初に手がけたのが「大魔神」の造形です。

「怪獣のあけぼの」によると、撮影で使われた大魔神像は、現在も保存されているとのこと。

大阪府門真市に食玩で有名な「海洋堂」の本社社屋正面のスペースに設置。
4.5メートルの全身像、高山さんの現存する最古の造型物です。

昭和41年1月頃に竹の枠組みにドンゴロス(麻布)を張って、ラテックスを塗って造型されたもの。
Daimajin2スカート、上半身、下半身の3パーツに分かれ、背中の扉から人が中に入って3人がかり操演する。
といっても、首が左右に振れたり、腕が少し上がる程度だったようですが・・・

大映が太秦撮影所を取り壊す際に、引き取り手を捜し、顔だけを30万とか、一部だけを買うとかバラバラにされそうなのを海洋堂の宮脇社長が、100万円で全身を引き取り。
引き取った当初、すでに表面のラテックスが風化しておりパラパラと剥がれるのをシリコンでコーティングしているそうです。

Daimajin3怪獣のあけぼのを見て「大魔神」熱が少しあがっていたところに、いつものキャラ物屋さんでこれを発見。
ガメラ3が公開された1999年頃に件の海洋堂が製作してフィギュア化したもので、定価は2980円。(以外と安かったのですね。)
原型製作はチョコエッグ動物の造型で有名な松村しのぶさんです。
パパは1200円でゲットしました。
未開封品でしたが、いつも通り即開封。

劇中に登場するのでしょうか?鎖がからんでいます。
このくさりがブリスターパックを挟み込んでおり、フィギュアを取り出すのに一苦労でした。
第一作の「大魔神」をモチーフに製作しているとのことで、「謀反人 大館左馬之助」が付属。
Daimajin4手足もわずかですが稼動し、ポーズをつけることができます。
スカート部は軟質素材でつくられており、足の稼動を妨げることなく動きます。
石像面や、剣、額の杭などの小パーツも付属。

緑に塗られ、堀の深いお顔も再現されており、迫力がありますね。
DVD本編も借りてきましたのでフィギュアと見比べながら楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »