« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

情景王のトークショー

Kingyamada 先のブログでご紹介しましたが、今日は日本橋のジョーシンさんに情景王・山田卓司さんのトークショーがありました。
少し遅れて行ったので前段のほうの話は、よくわかりませんでしたが、静岡や沖縄で開催された情景王の個展の話に続きました。
特に、沖縄展では、色々悩まれたお話をされていました。
沖縄でミリタリーのジオラマをそもそも展示してもよいのか悩んだとか、沖縄戦後のジオラマで元にした写真にゆかりの方が見えられた話など人柄がしのばれました。

40分ほどトークがあり後は、Q&A。
色々な質問がでましたが丁寧な回答されていました。パパはトークよりもこちらのほうが印象にのこっています。
まず「印象に残っているジオラマは?」と問われて3つあげられていました。
ひとつは、有名な「家族」。「情景王」という作品集の表紙です。
Sakuhin そして、実際に展示がされていた「模型少年の日々」。これです。
そして最後は、TVチャンピオン「プロモデラー選手権」の中で製作された「蝉時雨」。
「蝉時雨」は、ご本人も思い入れがある様で個展の際には、いつも特等の場所に配置するとのことです。

そしてニュアンスは少し違いますが「ジオラマ製作時の注意点は?」という問いには
①丁寧につくる
②イメージを明確にする 
「初心者の方なら絵にするとか・・・」とのこと
③趣味なんだから楽しもう 
「私はプロだから大変なこともやりますが、手をぬいてもいい」とのこと
それから模型と、ジオラマの違いについても語られました。
「模型は自己満足の世界。ジオラマは人に見せることを考えてつくる」
その他にもいろいろ質問がでていましたね。

Sakuhin3Sakuhin2   店内は撮影禁止ですが、展示品も少し撮影してみました。
タミヤとジョーシンのコラボ企画のひとつだったので、展示品はミリタリー物がほとんど。
戦車自体にはあまり興味がなかったので、人を中心に撮って見ました。
兵隊さんは皆5センチにも満たない小さな人形です。
どのジオラマも細かく作りこまれていて感動します。

Sakuhin1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界陸上を観戦!長居スタジアム!

 世界陸上を見に行ってきました。長居スタジアム!
子供たちはパパの実家に預けて、ママとふたりでお出かけ。

ペットボトルは持ち込み禁止と聞いていたので水筒を3つ、途中で買ったデニッシュとメロンパン、冷やしたゼリーなども持参してピクニック気分。
南側の席で、最初は日陰だったのですが、徐々に日向になってきました。

前から2番目の席だったので目の前で男子円盤投げの予選を観戦。
どの選手も驚くほどに大きいです。良い結果が出た選手は大きな声でPRしています。

円盤を回収するのにラジコン・カーが使われていてなかなかユニークです。
かなり大きなラジコンでマスコットのトラッフィーくんがハンドルを握っています。
Truffycar2 これです。

これ以外にもスタジアムにはユニークなものが色々。大きなTVカメラは皆、日よけとしてゴザがかぶせられています。

円盤投げの途中で、男子3000mの障害物の予選がありましたが、大きなハードルを運ぶのに、電気自動車を利用しています。
大きなハードルの下には車輪がついているんですね、2人乗りして後ろの人が紐を引っ掛けて手でつかんで引っ張っています。

Denkicar2 観にいくと周りの状況もわかってとても面白いです。
男子3000m障害物の第2予選では、一時、日本の選手がトップを走って盛り上げてくれました。

その後、女子400mの予選。
パパは、陸上の選手は全然わかりませんが、身体がシェープされて美しい選手は上位でゴールしていますね。絞り込まれた腹筋や腕の筋肉やらカッコいい。

パパはEOSに100-300mmの望遠をつけて持って行きました。35mm換算で450mmですから相当な望遠。
お天気がよかったので、ISO400だと2000分の1でもシャッターがきれますのでまったく手ぶれせずに撮れていました。
望遠鏡代わりにも重宝しました。

女子100mの予選の途中で、日向に耐え切れなくなって、スタジアムの上の席に、移動。ひさしがあるので日陰です。
先の席にすわった時は「スタジアムって思ったより小さいな」と思ったのですが、上の席では、とても大きく見えます。
長居スタジアムもはじめてですが、パパは、野球すら観戦したことがありませんからちょっと感動でした。
朝9時頃に到着し12時半くらいまであっという間の時間でした。暇をもてあますかなぁと思いましたが全然そんなことありません。お尻はさすがに痛くなりましたがとても楽しめました。
また何かの競技があるときは、是非行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんこめ新規開拓記(1)

 最近、お昼のお弁当にも飽きがきて、また外食をしている。難波シティの南館をでたところの「なんばこめじるし」、今週は2件ほど新規開拓!

まずは、塩らーめんのお店。
お気に入りの海乃屋さんが閉店してしまった後、パパは、おいしいラーメン屋さんを探していました。なんこめ最南端「龍旗信」さんです。
ふつうのラーメンが700円。チャーシューメンが900円と結構お高め。
店の入り口の前にロープがはってあり、人気店であることが伺えます。パパが行ったときはすでに3人の待ち行列。並ぶとすぐ後ろに人がやってきました。
入り口横に券売機があり購入して店内に。カウンタだけで座席数は10くらい。
パパは、800円のつけ麺を頼みました。これです。
Rahmen実は冷麺と間違えて頼んだんですが、つけ汁は温かく、麺は冷たい。
濃いスープにつけてすする麺がとてもおいしかったです。あっという間に食べてしまえました。
まわりで麺すすっているお客達は口々に替え玉を注文していました。
替え玉の料金は後払いでもよいのかな?
店員さんは3名いて皆、礼儀正しく元気がいい。
はやるラーメン屋さんは行き届いていて気持ちがいいですね。
今度は普通の普通のラーメンを食べに是非行ってみたい。

 そしてもうひとつはイタリアン。
店名は「La FOGLIA del sole」。後でカードをみると「ラ フォッリア デル ソーレ」というらしい。どんな意味?
ランチメニューは2種類あってパスタランチと、メインランチ。
値段はどちらも850円で、それぞれスープ、サラダ、パン、ドリンクがついているとのこと。
本日のパスタランチは、「白ネギとベーコンのペペロンチーノ」、メインランチは、「牛ロースステーキ 赤ワインソース」。メインランチはパンのかわりにご飯もセレクトできるようです。
パパはパスタランチをセレクト。
店内はとてもきれいでおしゃれな雰囲気、店員さんもイケメンの方ばかりのようです。

Pasta パスタはとてもおいしかったですし、フランスパンがついているのも非常にうれしい。
パパがパスタを食べると麺ばかり先にたべてしまって、いつも具がたくさん残ってしまうのですが、パンがあると最後までおいしく頂けます。
ドリンクはアイスコーヒーを注文したのですが、大きなグラスにたっぷりと出てきました。
パスタの量が男性には若干、少ないかなと思える量でしたが、後ろの席で「大盛」と声がしていたので、そんなオーダーもできるのかもしれません。
サラダ&スープからはじまって、パスタのお皿に、ドリンクと、プチコースの様な感じでパパにしては、お昼だというのに贅沢にすごした感じがしました。普段、中をのぞくととても女性のお客様が多いですが、それも頷けますね。
ここもまた行ってみたいですが、今度は「大盛」にしとこう。定時頃には実は腹ペコでした。

さて来週も「なんこめ」で新規開拓にチャレンジ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゼンマイ走行「宇宙ビートル」プラモ!

 今日は難波シティの定休日、当然、いつものキャラ物屋さんもお休みです。
なんさん通りを日本橋に向かってフラフラと歩き出すと、道具屋筋の入り口の右に「プラモデル」という立て看板。
ビルの5階にどうやらプラモデル屋さんがあるようです。
エレベータの扉が開くと、シンナーの匂いがしていかにもプラモ屋さんぽい。
レジの中で塗装でもしているのかと思いきや、そうではありませんでした。
店名の「レオパルド」という名前が示すとおり、戦車もありましたが、艦船や飛行機なども沢山の在庫があります。
店の奥には古い模型誌でしょうか、こちらも沢山の在庫ですね。

作りかけで放棄されたプラモも買取り、販売している様です。パッケージも無くビニール袋に詰められたプラモがいろいろあります。
ウロウロしていると、こーなんものを見つけました。
Jetb1Jetb2  「宇宙ビートル」。
ウルトラマンに登場する科学特捜隊の搭乗機です。宇宙航行時のブースターを装着したモデルです。
ゼンマイ走行可能な古いプラモの復刻版とのこと。
定価1500円とありますが、400円でした。
おどろいたことに、箱の中にまた箱があって、ほぼ新品のプラモが入っています。
ゼンマイも錆びている様子もなくちゃんと動きそうです。

プラモを見ますと現在のプラモとは違うことを発見しました。
塗装の境界がスジ立て(凸)になっていて、子供でも楽に塗装できるようにという工夫でしょうか?
なるほどと関心・・・。

Jetb3 さて弟くんの遊び用に購入したプラモなのでできるだけ早く仕上げてあげたいですが、どうしましょうか???
銀色の成型色なので赤色ぬってできあがり!と手っ取り早いのですが、ラッカー系できっちりブラシ塗装するか子供たちとアクリル絵の具でペタペタ筆塗りするか?

15分ほど店内にいましたが、入れ替わり立ち代りで、パラパラと人が出入りしていました。割りと有名なの?

また暇なときにのぞいて見ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ギロンをゲット!即開封!

Segagiron1Segagiron2   いつものキャラ物屋で、本日は昭和ガメラ怪獣をゲット!これです。
セガのプライズもののギロン。
お値段は800円と微妙。(安いかな?)
未開封品でしたが、パパは迷わず開封!
なかなか丁寧に彩色されていて見栄えがします。

手の平のまるい手相が愛嬌たっぷり、極悪なお顔は下品でステキです。開封しないと正面からのお顔は拝めませんのでプチ感動!

実はパパ、ずっと以前に同シリーズのガメラをキャラ物屋でゲットしていました。
Segagiron3ギロンに比べるとガメラのほうはほとんど彩色されておらず残念。
絡ませてみるとやはりサイズぴったりです。
このシリーズは、宇宙ギャオスが手にはいればコンプリ!
気長に出物を待ちましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「情景王」の作品展!

ジョーシンさん企画で「情景王」山田卓司さんの作品展が開催されます。
Jyokeioh これ店舗内の告知です。
スーパーキッズランド本店3Fのタミヤワールドとあります。
キッズランドは、どちらが本店でどちらが日本橋店かすぐわすれてしましますが、昔からあるほうが日本橋店。新しくできたほうが本店。
えっわからない?
角のお店、入り口が自動ドア、恵比寿町に近いのが日本橋店、
間口がひろくて、難波に近いのが本店です。
話を戻しますと、なんと8月26日(日)に山田卓司さんのトークショーが開催されるようです。
パパ、実は「情景王」という作品集を持っていたりとファンで、楽しみにしていたのですが本日、予定がブッキングしていることが発覚。
世界陸上のチケットを取っていたのですが、同日にあたってしまいました。
あ~残念。
作品展だけでもなんとか見に行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルメスがなんと7割引き!

といっても、ブランド物のお話ではありません。ララァ・スン少尉のモビル・アーマー「エルメス」。
Erumes いつものキャラ物屋さんで、定価6500円が、なんと1980円です。
在庫豊富!!
箱には「MOBILESUIT IN ACTION」とあります。ガンプラの1/144よりも小さなサイズだと思いますが、それでもでかい箱だなぁ。
劇中でゲルググが上のトンガリにつかまって曳航されて行くシーンがありましたね。
モビルアーマーはモビルスーツに比べるとどの機体も大きかったですから当たり前ですね。

パパは最近、弟くん向けにウルトラ怪獣のソフビを多くゲットしています。
小さなものなので1つ、100円、200円くらい。高いものでも250円。
結構、頻繁に入荷があり散財しています。
写真の怪獣はパパの記憶では、左からドドンゴ、グリーンモンス、ガラモン、その前はガマクジラ、後ろにもどって、ジラース、アントラー。全部で1200、1300円くらいだったかな?Monstersソフビですけど割りとリアルでしょう!?
怪獣たちは、弟くんがいつもの遊び場(ママの実家)に持って行ってしまうので、今、何匹の怪獣がいるのかよくわかりません。
一度、全部、並べてみたいですね。

パパが最近注目した商品で、プライズ物のテレビアニメ版のアルカディア号。
30cmくらいの大きなものですが、最初見た時は、1200円。
悩んで買わなかったら次の日には1300円。
他の店の値段を調べに、日本橋のスーポジで見ますと1450円だったので、まだ安かったのですが、今日、見ますと1500円の値段になっていました。相当売れ行きがいいようですね。
パパ、買い時を逃したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

リボルテック、ディスヌフをゲット!

 こんにちわ。ずっと買おうと思っていたリボルテックのディスヌフを購入しました。日本橋のジョーシンキッズランドさんで1596円。ポイントが300円ありましたので、割とお安い!
ディスヌフは、アニメ「トップをねらえ!2」に登場する主役ロボットです。番長チックなデザインが独創的で劇中では迫力ある戦闘シーンを繰り広げてくれました。
で、リボルテックですが、今回もなかなか敷居の高いオモチャになっています。
BusterBeeemディスヌフは脚部がガクランの寸胴ズボン風なので、足があまりあがらずかっこいいポーズをつけるにはセンスがいりますね。パパは苦手です。
腕もひじの部分はリボが小さいせいか、軸が短くよくポロッと抜け落ちてしまいます。ポロポロポロポロとストレスフルです。

それでもがんばって、劇中のシーンを再現してみました。
まずは、「 バスタァァァァァビィィィィィィム」を2枚で再現!

残念ながら両のコブシは残念ながらあわせることはできません。
ガクラン脱がしたらできるかな???

次は、バスターマシン7号として帰還したノノを迎えるディスヌフ。
Okaerinono変動重力源との戦闘後で、左腕が欠損しています。
腕や脚はポロポロポロポロですが、ヒザはデザインを崩さずに見事にまがりますね。
すばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナイダーズ大箱、ようやく発見!

 パパはキャラメル味が大好きで、なかでもスナイダーズのクリーミーキャラメル味は、最高!
最近、スナイダーズはコンビニなどで子袋を見かけるようになり、急にメジャーになったなぁと思っていましたら、逆に大箱を全然見かけなくなってしまって、不便に思っていました。
で、本日ついに見つけました。難波シティのソニープラザさん!
今まで立ち寄ったことがなかったのですが、フラリ立ち寄ったところ運良く発見。即ゲットですが、ついでにもうひとつ。
Caramel ハーシーズのアイスクリームシロップのキャラメル味。
チョコはよく見かけますが、なかなかキャラメル味はみかけません。
一度、海外土産にもらったことがあってずっと探していました。
残念ながら、アイスクリーム上で固まるシェルタイプのものではありませんでしたが、これも即ゲット。
チョコはシェルタイプのものがありましたね。チョコがパリパリになって楽しいですよ。
未体験の方はぜひお試しを!
お値段はスナイダーズもシロップも525円でした。
休日のお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壮絶!スペクトルマン、ジュン少年のエピソード

 この休みは、CATVでまとめて録画していたスペクトルマンをずいぶんたくさん観ました。残念ながら最初のダストマンやクルマニクラス、ゴキノザウルス、ネズバードンなどの有名怪獣のところは録画していなかったので見れていませんが、最後のほうのエピソードで特に印象に残った回がありました。スペクトルマンはウルトラシリーズでは決して無いであろう展開が目白押しですが、ジェノス星人のエピソードは壮絶です。

「第59話 地獄の使者ジェノス星人 」「第60話 怪獣ドクロン死の踊り 」

スペクトルマンは2話で1エピソードが完結するパターンですから、上記も2話で1エピソード。
さてストーリーですが、宇宙猿人ゴリもシリーズの終盤では、地球侵略のネタが切れたのか、他の宇宙人とコラボするパターンが非常に増えてきました。
(その宇宙人たちの多くは、モジモジくんのようなタイツ姿がほとんどで予算の少なさを伺えます。)
このエピソードでは、ジェノス星人に地球侵略の知恵をかります。
科学者であるジェノス星人が開発した死者を蘇らせて殺人鬼にしたてるという薬を利用して地球人の絶滅をはかります。その名は「ジェノサイド計画」。

彼らの企てを予知能力で察知した「ジュン」という少年。
「ジュン」は両親を亡くして親戚の家に引き取られているのですが毎日亡き両親への想いをつのらせていたがそれが講じて、次第に予知能力を得ることになった。だが、予知能力はジュンの身体に大きく負担となり、力を使う度に頭痛に襲われる。

ジュンと蒲生は出会い、ジュンは蒲生が人間では無いことを見抜いてしまう。
蒲生のやさしい言葉はジュンの孤独な心を癒し、ふたりは友達になる。

蒲生は、ジュンの誘導に従って車を走らせ、敵の基地を発見し、殺人鬼たちと死闘。
その後、ジェノス星人は、怪獣ドクロンの死骸を蘇らせて、街を破壊する。
ジュンは蒲生に「変身するんだ、スペクトルマン!」と言う。
蒲生は「知っていたのか!?知られたからには仕方が無い。」とあっさり目の前で変身。

危機に陥ったスペクトルマンをジュンはテレパシーで救うが、テレパシーは、予知能力以上にジュンの体力を大きく消耗させてしまう。
蒲生は、ジュンに「もう2度とテレパシー通信はしてはいけない。君の小さな身体では、場合によっては死んでしまう。」と忠告する。

その後のやりとりがなかなか、グッときます。
「死んだってかまわない。どうせ僕の命は長くないんだ。」
「なんだって」
「自分の未来を予感してみたんだ。そしたらね・・・」
「馬鹿なことをいうんじゃない。君が死んだらみんなが悲しむんだ。
(中略) 君には友達がいる。」
「いないよ」
「僕は君の友達だ。君が死んだら僕はどうすればいいんだ。ジュン、死ぬなんてことは絶対にかんがえてはいけない。」

その後、基地を爆破するために戻った蒲生は、ゴリたちに捕らえられ、目をバーナーで焼かれてしまう。
(すご過ぎる展開に驚きました!)

再びドクロンが出現し、目が見えないまま、戦いに向かう蒲生。
蒲生はジュンに
「男には負けるとわかっていても行かなければならない時があるんだ。」
(松本零士さんのマンガでよく出てきそうなセリフですが、スペクトルマンの中で蒲生が何度か同じセリフを言っていました。)

その後、ジュンが「僕も一緒に戦うよ」

 変身するがまともに戦えないスペクトルマン・・・
ジュンは超能力で、怪獣が死骸であることを突き止め、戦い方をスペクトルマンに伝えます。
スペクトルマンは見事に怪獣を倒すが、ジュンは力を使い過ぎ、そのまま死んでしまう。
蒲生は、亡くなったジュンを抱き、ゴリ打倒を誓うのだった。

スペクトルマンのコアなファンの間では、第48、49話の三吉くんのエピソードが有名だと思いますが、
この回もきっと話題に違いありません。
ジュンを演じた子役の方の懸命な演技も見所かと思います。この回は、小田急のロマンスカーの模型を怪獣が壊したり、スペクトルマンが倒れた際に壊す鉄塔の模型が精巧だったりと他のシーンも気になりました。

ただ、展開が壮絶すぎて、下の弟くんに見せるにはちょっと気がひけました。

スペクトルマンは、何度か、怪我してネビュラステーション(?)で修理を受けていましたがこの次の回では、あっさり、眼が治っていますね。
ラーもジェノス星人に物語の冒頭で一度殺されてしまいますが、このことの影響(後遺症?)はその後の物語の中では、まったく出てきませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のイベントは、市営プール!

 2007年夏休み子供中心企画。今年の夏は、旅行などの特別な企画はなかったが、子供たちとはじめて、近所の市営プールに行きました。
大きな浮き輪で滑り降りるウォータースライダー、幅広の大きな滑り台が人気です。
この休みの間に2回も行ってしまいました。
炎天のプールは本当に何年ぶりでしょう。おそらく結婚後に行ったバリ島以来だと思います。子供たちが生まれる前ですから、7年以上前ですね。

 パパ達が知っているプールの風景とは決定的に違うことがありました。
それは大人を中心にウェットスーツを身に着けている人たちがちらほら。男性、女性、時折、子供も着ています。
たしかにパパ、ママには日焼けは大敵。
日焼け止めをたっぷりつけてもやはり身体はヒリヒリ。来年はスーツを買おうということになりました。
途中、日が陰ると急に寒くなりましたが、こんな時もスーツがあるとよさそうですね。

ウェブで観ますと「ラッシュガード」というらしいですね。(ラッシュって何?)
安いもので2000円、高いもので5000円程度くらいのようです。夏も終わりですが少しスポーツ店を回ってみましょうか・・・

 それにしてもプールって安い娯楽ですね。
入場料は大人400円。子供150円。下の弟くんは無料です。900円で家族みんなで入れます。
お茶とお菓子とおにぎりを持参して、朝の9時からお昼の1時過ぎまでたっぷり遊びました。帰りにひとりづつ120円のアイスクリームをかじっても2000円以下。
ホント、素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市立阿倍野防災センターに行ってきました!

 夏休みの子供中心企画第一弾!地下鉄谷町線阿倍野駅の近く、大阪市立阿倍野防災センターに行ってきました。
夏休みだというのにとてもすいています。

入るとまずはエントリ。
リストバンドをもらってガイドさんに案内されながら1時間のコースに出発。各コーナーの前にはかならず、リストバンドをチェックします。あとで各コーナーの成績が報告されるという充実ぶりです。

最初のコーナーは、防災知識。
座りごごちのよい劇場椅子にすわって3面のスクリーンで映像が流れます。アトラクションでよくあるような座席が動く仕掛けがあって、最後には、東南海大地震が発生というシチュエーションでグラグラ!初手からなかなか迫力があります。

その後は、地震が発生した直後の家の中を点検をするコーナー。
コンロの火やガスの元栓。湯沸かし器、ストーブ。我が家はオール電化なのでこのあたりは心配ありませんが、「ブレーカーを落とす」という項目があり少し驚きました。

その後は自宅内で火災が発生し、煙が充満する中を低い姿勢で進むというもの。煙は本物ではありませんが、なにやら良い匂いのするモヤがかかっている中を子供たちと一緒に真剣に進みました。

その後、消火器体験。
スクリーンに映し出されている台所、コンロの上で燃えているダンボール箱に向かって消火器を構えます。
本物の消火器ではなくて、ロックを抜いてレバーを握ると水がでる仕掛けです。スクリーンに水をかけるとだんだん鎮火してゆきます。

その後は、119番の通報体験。
画面に映し出される映像を見ながら、119番をダイヤルします。画面にセリフが出てくるのでそれを電話で伝えるのですが、なかなかこの様な経験はないので、面白いです。救急のパターンと火事のパターンの2種類がありました。

その後は、地震後の町並みを再現したセットの中で、地震直後の街内の危険を学習します。
最初のアトラクション(?)の映像の中で、倒壊した家屋が実際にセットとして再現されているという凝ったもので、見ごたえがあります。これです。Jishin1 Jishin2

その後は、西日本では最先端という触れ込みの地震体験機です。
九州地方で発生した過去の地震の再現と、今後、発生が予測されている東南海地震の想定地震を体験しました。
それぞれ1分ほどのゆれを体験できます。
これも大迫力で、バーをしっかり握っていると、振り回されてしまいます。逆にユラユラしてしのぎましたが、在宅中にこれほどの揺れを体験したらと思うと色々考えさせられました。
 たまたまTVの取材もはいっていて、桑原征平さんやたむらけんじさんが来ていました。最後の地震体験では、さすがタレントさんだけあってリアクションが大きいかったです。

 地震体験前には各体験を振り返るコーナーがあって、ここでも設備の充実にびっくりしますよ。ここは実際に体験するまでのお楽しみに。

 無料で涼しいですし、なかなか楽しめ、為になりました。
弟くんは施設の入り口に展示してある小型の消防自動車がとてもお気に入りでその後、ずっと「また行きたい」といってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トランスフォーマー」を観て来ました

「トランスフォーマー」を観て来ました。一応これもアメコミ物ですよね。
感想はというとちょっと複雑・・・。
「映像革命」というCMがされていたトランスフォーマー達ですが、本当に複雑な変形をします。この映画の最大のウリなのでしょうが、少し複雑過ぎて、何がなんだかわからない状態。デタラメに変形させているのか、ちゃんと整合性がとれているのか映像を観ていてよくわかりません。
いえ、きっと正確な変形をしているのだと思うのですが、それが全然伝わってこない。
人型に変形した後も、ディテールが細かすぎて、パパはどこを観てよいのかわからない状態で、トランスフォーマー達の印象が全然残りませんでした。
なんだか、装甲のないロボットがそのまま戦っているかのようで、もう少しスマートな映像にならなかったんでしょうか?
パパ的には、金属生命体ということで、どんな形状にも変形できる設定なのですから、
変形もある程度の柔軟性をもたせて、人型での見た目を整理して欲しかった様に思います。

ストーリー的には、オプティマスプライム達と出会ってから、キューブにたどりつくまでが多少中だるみしていますが、主人公たちのラブストーリーと、兵隊達の戦闘が交互に入り飽きさせません。
主人公と両親の掛け合いを中心に笑えるところや、お決まりの憎まれ役の登場など、子供たちにもこの映画を親しみやすいものにしているのだなぁと思いました。
登場人物はもう少し整理したほうがよいのかも・・・。信号解読で出てきた女性は結局、活躍せずじまいでした。
最後の市街戦のシーンはものすごい迫力で一挙にクライマックスに!
ただ先にも書いたようにどうしても絵ズラがゴチャゴチャした感じに思えるのはパパだけ?

パパ、次作も劇場で観るかというと多分、DVDかなぁ。
でも、インタネットで劇場予約できるのは本当に楽ですね。観る席が決まっているのは本当に気が楽・・・。

次は秋に公開される「ファンタスティック4銀河の危機」に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく復活!実はゲットしまくりでした~

 パパのお仕事、ようやくひと段落つきました。明日からお盆休みがスタートし、開放感に浸っております。blog更新もこれからドシドシ進めていきますよ~。
Gamera14Gamera11Gamera13    更新は滞っていましたが、ゲットしたものは結構ありました。
というか、ストレス解消にゲットしまくりでした。
おいおいご紹介しますが、まずはこれです。
ロケットプロ製、平成ガメラシリーズ一作目のガメラさんです。いつものキャラ物屋で3500円くらいでした。
パパが所有するエクスプラスのガメラ2、3と比べても一回り大きいです。
右がエクスプラス製ガメラ2のガメラさん、左が今回のロケットプロ製。
甲羅の形状は1作目と2作目ではほとんど同じなんですね。もう少し違うのかと思っていました。
Gamera12塗りのほうも大きいだけあってレベルが違いますね。かなり工程が多そうです。

実はこのガメラ、パパはもう一体持っています。以前にご紹介したプラズマのガメラさん。これは、スーパーポジションで2500円くらいだったと思います。これまで、形状が全然わからなかったのですが、今回、はじめてとても出来のよいフィギュアであると知りました。色がつくとやはり全然違うなぁ。

Gamera15

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »