« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

念願叶う!X-PLUS製カネゴンをゲット!

 難波シティ南館2Fのいつものキャラ物屋さん。久しぶりにパパ、大物をゲット!これです。
Kanegon1 といっても大きくはありません。20cmちょっとです。
X-PLUS製、ウルトラQのカネゴンです。これまで一度、買い逃したことがあり後悔していたのですが、今回は機を逃しませんでした。
ここのところ、ストレス解消の大量買いに走っているパパですが、功を奏したようです。
値段は1800円と、高くもないですが、激安というわけでもなく、お手頃価格といったところでしょうか?

最近、初めてヤフオクを利用したのですが、送料をいれると結構お高くなってしまって・・・。いろいろ難しいものですね。落札した商品が届いたらblogでご紹介しますね。

さて、カネゴンですが、つい最近、ウルトラQのDVDで、「カネゴンの繭」を見ていたので感慨ひとしおです。
パパの好きな着ぐるみ的リアル感がたっぷり。
Kanegon2Kanegon3プロポーションがとてもよくて、頭と体のバランスがばっちりです。よく肩と頭の距離が長くてカッコの悪い(こちらのほうがリアルかもしれませんが・・・)カネゴンがあるのですが、このプロポーションは本当に美しい。
星の数ほどあるカネゴンのフィギュアの中で、X-PLUS製のカネゴンは、パパの好みにぴったりです。

それから、口のジッパーのギザギザがちゃんと造形されているのがたまりません。
このサイズよりももっと大きなカネゴンのフィギュアで、口の造形がなされていないものがたくさんあります。
ジッパーは左右から閉めて、真ん中で閉じますので、真ん中にすきっ歯のように隙間があるのもなかなか可愛い。
右足を引いたポーズもどことなく、腰がひけている感じで、加根田少年の不安な心を移しているかの様・・・・。
このポーズ、微妙な設置面積ですが、以外と安定して立っていますね。
腕と目玉の部分が土台から稼動しますので若干のポージングも楽しめます。

Kanegon4 ほめてばかりですが、不満点も・・・。
横から見た時の胸の厚みがもう少し薄いほうがパパのイメージです。
それから、造形ではありませんが、古いものらしく、右眼の眼球の塗装が残念なことに縦にヒビ割れています。いつか塗りなおしてみよう。

子供の頃に持っていた「ウルトラ怪獣図鑑」(だったかな?)の後ろのほうのページにはなんと、カネゴンの着ぐるみの作り方が掲載されていました。
頭は大きなザルを二つあわせて、上に紙を貼って着色。身体は、服に布を貼って、軍手をはめて、革靴履いて・・・
いろいろ書かれていました。もちろん、本は、もうありませんが、他にぺスターの着ぐるみの作り方もあったような気がします。今さがせばあるのかなぁ?
表紙はウルトラセブンと、イカルス星人だったような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロンディさん再開!さっそく激安ゲット!

昨日、難波シティ南館を南端まで行って、でたところすぐの「ARRONDI」を訪問。少し前は工事中でしたが、再開のようですね。
トーマスなどのガシャポンが店頭から消えて以降、足が遠ざかっていましたので久しぶりです。入ってすぐ、右の壁一面には、安売りのガシャポンがいっぱい。
1個200円。3個500円。7個1000円(だったかな?)
3ultraman ウルトラマン(Aタイプ)、ネクサス(ジュネッスブルー)、マックスの3つを選んででなんと500円。激安です。ウルトラマンとネクサスは発売中の「アルティメットソリッド ウルトラマン 3」のキャラ物。マックスも少し前の「アルティメットソリッド」のシリーズです。
正規価格はブラインドボックスで1個300円ですから、3つで500円はホントに安い。
パパのウルトラマンコレクションも少しづつ買い足して、かなり人数が増えてきました。
少し前まではウルトラ兄弟だけだったのが、今はウルトラファミリー状態です。
今度、紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はじめての大人買い!サイボーグ戦士たちを激安ゲット!

00box さて昨日、一昨日とヘビーな日が続いたので、パパ、自分で自分にご褒美をゲット!
定時後にフラフラと100円ショップに、筆を買いに行ったのだが、めずらしくキャラ物を発見。
時々、100円ショップにはキャラ物のハグレ物(売れ残り?)が入荷していることがあります。もとは300円くらいのものが100円ショップなので当然100円。つまり激安です。
で、今回見つけたのはこれです。
サイボーグ009のヴィネットで、製作は海洋堂ですから、クオリティは保障つき!

0020030048個あったので全部ゲット。840円。
多分1BOX分だと思いますので、パパ、実ははじめての大人買いです。
これで全6種コンプリできるはず・・・・。
  サイボーグ戦士は全部で9人ですが、005と006、007と008、003と001は同一ヴィネット上ということで、全部で6種類になっています。
で、002と、003&001がダブっていましたが、見事目論見どおりコンプリできました。

どのキャラも特殊能力をアピールした作りで、迫力満点ですね。
特に004はこれでもかとミサイル乱打!
002もパパの記憶にあるコミックの飛行イメージにぴったりです。
008はコミック初期のクチビルが分厚い顔のほうがパパのイメージですが、男前バージョンで造形されています。

009は子供の頃、コミックに夢中になって必死で名前と番号をおぼえました。今でもなんとか覚えています。
008009005ヴィネットには小さなカタログが添付されていて、それぞれのキャラクタの紹介がありました。その中には、パパの知らない(忘れた?)設定も・・・。
たとえば004が40年間も冷凍保存されていたとか、008だけが、戦闘のプロだったとか・・・

このヴィネット、大きさが丁度良くて同じく100円ショップで買った200円のプラケースに収まります。
パパすっかりリフレッシュでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめて四天王寺さんへ

Shitennoji1 今日は、お姉ちゃんを体操教室に送った後、四天王寺さんの境内をウロウロ。とても広い境内ですね。いたるところに休憩所の施設があり、参詣しやすそうです。決まった駐車場がないらしく、車が境内のあちこちにとめられているのに驚きました。写真は五重(?)の塔でしょうか?有料だったので、表から撮影するだけにしました。四天王寺さんは結構、拝観料をとっている箇所もいろいろありますね。極楽の庭、宝物殿・・・。今日は時間がなかったのでぐるっと回っただけ。

    先日、「源氏堂」さんの「亀かすて~ら」を紹介しましたが四天王寺さんの境内には、亀がいっぱいです。ちゃんと四天王寺さんに因んだお菓子だったのですね

Kame1Kameishi池には亀がたくさんいて、真ん中の板や石の上には、甲羅干しをしています。どの亀も大きくて立派です。写真は池からあがった亀がトコトコと板を登っていくところ。

池の隣の亀井堂なるところには、大亀が水を吐いています。どうやらお札を流すところのようです。

Shitennoji2四天王寺さんは聖徳太子が建立したお寺だと思いますが、番匠堂というお堂の立て札には次のような記述がありました。
番匠というのは大工さんのことで、聖徳太子は、大工技術の始祖として、番匠達から尊崇されているそうです。番匠堂にまつられている本尊は曲尺(かねじゃく)を携えているお姿で曲尺太子と言われているとのこと。
本当に曲尺をもっていてユニークなご本尊です。

聖徳太子は、七堂伽藍の建立の折、大工道具をかたどって、「南無阿弥陀仏」の名号を書き、大工の工事安全と伽藍の無事建立を祈ったという故事があり、このお堂のそばに建てられたのぼりの文字も、なんと大工道具をかたどって何やらかかれています。
字数が少したりない?と思いましたがやはり「南無阿弥陀仏」と書かれています。
面白いこと考えますね。

Shitennoji3面白いものはほかにも。面白いというと不尊で申し訳ないのですが、「おもかる地蔵尊」というお地蔵さま。
小さなお地蔵さまを持ち上げて軽く感じれば願いはかない、重く感じれば時期尚早とのこと。結構チャレンジされる方が多く人気でした。

体操教室の後には、「源氏堂」さんで「亀かすて~ら」をしっかり買って帰りました。前回は、ほとんど弟くんがたべてしまったので、500円のほうをゲット。
Kame2看板の亀の像もかわいいですね。今回も試食の亀かすて~らを頂いて頬張りながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟くん味方化計画、始動!

Revenge さて、いよいよ「弟くん味方化計画」の始動です。
まずはパークスのトイざラスで、以前 から注目していた「全ウルトラマンパーフェクト超百科」という本を購入。1300円です。
初代のウルトラ マンから、メビウスまでに登場した全てのウルトラマンが掲載されています。といってもタイのウルトラマンの掲載はなく、日本国内だけ!メビウス以降のウルトラマンの予定がありませんからしばらくは内容が陳腐化しないですみそうです。

そして、いつものキャラ物屋で、250円のウルトラマン対決セットなるボックスを2つ購入。Hayata1つは、 ウルトラマンとメフィラス星人のセット。もうひとつはウルトラマン80とレッドキングの セット。
レッドキングは、箱に入るサイズに無理やり縮小されているようで小さくて他のソフビとのバランスが悪い。でも、まぁいい・・・・。
とりあえずこのセットで様子をみることにしよう。

キャラ物屋では実はもうひとつお買い物をしています。
ハヤタ隊員です。
弟くんが変身あそ びができるように買ったのですが、実はハヤタよりもウルトラマンのほうが小さくて、様に なりません。仕方がないのでパパのコレクションにしておきます。
お顔がツルっとして、リアルさにかけるので、がんばって少しレタッチしてあげようと思っ ています。

VirusGiron先日、キャラ物屋のショーウィンドウのソフビ人形・ギャオスを紹介したが、今日はギロン とバイラスを掲載しておきます。値段が見えにくいですが、上のウルトラマンたちよりも1 0倍は高額な商品です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「魔法のフライパン」、まもなく!

 2005年5月31日に発注し、納期3年と言われた「魔法のフライパン」。ようやく製造元「錦見鋳造」さんから連絡が来ました!

『お世話になります、錦見鋳造です。
大変お待たせしておりますが、ご注文いただいておりました商品のお届けは、
今年7月~9月頃を予定しております。
商品の準備が整い次第、改めて連絡させていただきます。
以上、宜しくお願い致します。』

って、まだ納期わからないようです。
まぁでも、2年1ヶ月で、連絡があったので、予定よりは早かったかなぁ!?
久しぶりに錦見鋳造さんのHPを覗くと、最近は納期2年6ヶ月になっていますね。

http://www.nisikimi.co.jp/

 注文したことは時々思い出していたのですが、今となっては何が気に入って注文したのかよくおぼえていません・・・・(とほほ)
過去メールによると、直径28cmのフライパンを1つ注文したようです。
たぶん衝動買いですね~
お値段は12000円。送料900円と消費税600円で合計13500円のお買い物!
ママはこれで何をつくってくれるのでしょう?
とりあえず商品の到着が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパの味方をつくろう!

SpidyinoTarobatch 今日は出張で東京日帰りでした。新幹線ホームで、スパイディにばったり。通天閣に出現されたようですね。関西テイストたっぷりですから大阪土産にぜひ。

続いて、たまっていたキャラ物屋さんのレポを少し。
東店のショーケースの中。
まずはウルトラマンタロウの変身バッチ。
本物からのプロップレプリカとのこと。値段もそれを反映してかお高く12000円。
  昭和ギャオスさん、ソフビ人形が2種。
飛行ポーズは1800円。リアルな茶色塗装の立ちポーズは3980円。
Gyaossofb1_1Gyaossofb2ギャオス以外にも、バイラスやギロンなどどのソフビ人形がショーケースにはあります(もちろんガメラも)。
しかし、昭和ガメラの怪獣って、ソフビ人形が似合うというか、違和感ないなぁ。ソフビ人形にはパパあまり興味はありませんが、昭和ガメラ怪獣はちょっと欲しい。

次は大物です。
仮面ライダーブレイドに出てきた。「ギャレン」のマスク、ベルト、プロテクタの3点セット。マスク以外の出物は珍しいです。
しばらく前からありますが、58000円というお値段のせいか、動きはありません。マスク、とても綺麗ですね。

Gyaren3ten パパにとって、日々のキャラ物屋さん通いや、街で見かけたキャラ物たちがどれほど普段のストレスを解消し、日々の活力を充填してくれているか計り知れません。
しかし、我が家のママにとって「他人に言えない恥ずかしい趣味」だそうで・・・
怪獣と、ヒーローとロボットだけなのだが、まるでエロフィギュアが並んでいるような扱いが悲しい。

こうなれば子供をキャラ物好きに仕立てあげて、パパの味方になってもらうしかない!!
弟くんは今、初代ウルトラマンのDVDに夢中ですから容易く味方になりそうです。
うしし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

昭和ギャオスのペーパーモデルの製作!でも頭だけ。

 先月、セガプライズの昭和ガメラをゲットして以来、昭和ガメラ熱が冷め切らないパパは、同スケールのギャオスが欲しくなりました。
といってもそんなもの無いので、自分で作ろうと思い立ったのですが・・・
紙粘土や石粉粘土だと、途中で固まってしまうし製作中の保管もたいへん。固まった後の修正も大変。
油粘土だと、固まりませんが、石膏やレジンへ複製することはしたことがありません。
オーブンで焼くと固まるというスカルピーは、持っていませんし、やはり途中の保管場所に困ります。
そこで、パパは一番お手ごろの紙でつくることにしました。

紙なら組み立て開始までコンピュータの中ですから、場所もとりません。
もちろん、紙ですから、造形とかディテールとかそういったレベルではないのですが、平らな頭が紙ならなんと無く作りやすそうに思えました。
しかも目標は低く、今回はヘッドだけ。しかも後ろ側は最初から作らないつもり。

 平日休日の気が向いたときに、すこしづつ設計していたものを昨夜に一挙に仕上げ&組み立て。
VHSテープの「ガメラ対ギャオス」を横目で見ながら深夜にチョキチョキ、ペタペタ。
接着は、いつもスティック型の糊ですが、以前に100円ショップのプラレール車両用にペーパー車両を製作したとき、強度不足を感じたので今回は、木工用ボンドにしました。

Making_g1 製作途中のものはこれです。
つくりはじめた時は、口を稼動にしようとは思いつかなかったのですが、つくっている内に思いついて改造。
今回のこだわりは、頭頂の形状と細身のお口と眼。
頭頂部うしろの真ん中はこんなに切れ込んでいないのですが、あくまでパパのイメージ優先とペーパークラフト的ディフォルメ形状です。
お口の歯も切り起こそうかと思ったのですが、細かいのでそのままにしました。
映画のギャオスも割と細かな歯がはえていますが、パパ的には鮫の歯のようにギザギザの小さな歯がびっしりというイメージでしたが、今回は結局、印刷だよりに。
眼は眼球を奥にしたことで擬似的に視線が変わって見えます。
色も映画ではグレー主体の怪獣色ですが、これもパパのイメージを優先。夜行性ということから、なんとなくブルー主体に。

Gyaos1 できあがったものはこれです。
最初に昭和ガメラさんと同スケールでと思ったのですが、厳密に計算しなかったのがたたって、かなり大きなサイズになってしまいました。
ギャオスはいわば無脳症の様な状態ですから、ガメラに比べて頭が大きいわけないのですが失敗。
A4サイズで印刷したのですが、B5サイズくらいに縮小すると少しはましかもしれません。頭頂部は顔よりも大きくしたつもりが、あまり大きくはありませんでした。(別パーツにした意味なし・・・)

Gyaos2 斜め前から見たときに、くちばしの角度がかっこいいように考えたつもりですが、いかがでしょう?
予想外に正面斜め上から見たお顔がとてもかっこよくてビックリ。
途中で設計変更して、口パクができるようにしたので、表情がかわって面白いです。
と、ひとしきり自己満足の世界。

ギャオス・ヘッドのペーパーモデル製作。パパ的にはとても楽しい時間を過ごすことができました。

Gyos3胴体がないので酒井ゆうじさんの初代ゴジラのソフビにかぶせる暴挙に。何がなんだか分かりません。
お約束のプチ特撮もやってみました。超音波メスの放射です。以前にガメラの火炎放射のパターンをそのまま流用。なんにでも使えるな~。

製作途中で設計変更した内容も型紙に反映しておきました。自分でもどこを修正したかわからなくなるので早めの対処。製作して不満だった部分も修正。
一応、最終の型紙もご紹介します。
これです。お暇な方は作ってみてくださいませ。
素人モノなので、不備はご容赦を。ペーパーモデルなので適当にしてくださいね。

Katagami 組み立てを少しだけご紹介。
パパはケント紙に印刷しています。
頭と首は口の部分でつながっています。口の中の部品(赤色のもの)はパパは上下で分割して接着しましたが、分割しないほうが頭と首の部品のつなぎが強力になりそうです。その時はもとの接着部分は接着しないほうが口がよく動くと思います。
お耳(?)の緑色の部分は切り抜いて、眼のようにウラから張りなおしたほうがよりリアルかも。
組み立ての順番はありませんが、頭の部分は先に口(上部)のパーツを右側の顔に接着してから、頭頂ウラのパーツに口(上部)のパーツをつけると組み立てやすいと思います。

接着部分は洗濯バサミではさんでおくとよくくっつきます。立体のところは模型用仮止めテープを使いましたが、インクジェットプリンタでは色落ちしやすいのでご注意を。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

源氏堂さんの亀かすてーら

 今日はお姉ちゃんの習い事ツアー!
英会話=>体操教室=>ダンス教室といういつものハードスケジュール。
英会話とダンス教室は、自宅の近所ですから行くのも楽チンですが、体操教室だけは、地下鉄に乗って、四天王寺まで。
Kamekasutera1今日は前から気になっていた四天王寺・参道のお店でお土産を買いました。
これです。
  源氏堂さんの「四天王寺名物 亀かすて~ら」。
店頭の陳列を少しながめていると、すぐにお店のおばさんが試食の「亀かすて~ら」をもってきてくれました。
ほんのり甘くやわらかいお味。
値段をちょっと忘れてしまいましたが、350円くらいでした。もう少し大きな550円くらいのパッケージもありました。

亀の甲羅は背中だけでなく、お腹の部分もちゃんとつくられていてなかなか可愛らしいです。
もって帰ると、「小さき勇者たち」を観て以来、すっかりガメラ好きになった弟くんがひとりで平らげてしまいました。
Kamekasutera2おいしかったんだなぁ。また買ってこよう。

源氏堂さんでは、他にも「しょうが糖」というお菓子も試食させていただきました。辛味と甘味が刺激的でお茶を頂きたくなりました。こちらは少し大人向きですが、美味しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格闘家の角田さん、実はゴジラファン!

NHKの熱中時間という番組に格闘家の角田信朗さんが出演されていました。
熱中時間は「忙中、趣味あり」という副題があり、毎回こだわりの方が出演され、熱中している物を紹介する番組。1時間の番組ですが、15分版もあり、角田さんは15分版でのご出演。
角田さんは、ゴジラのフィギュアつくりに「熱中」、ガレージの中にはこれまで作ったゴジラがいっぱい。番組では、「vsデストロイヤー」のバーニングゴジラの制作風景を紹介しています。
ご自宅の広いベランダが作業スペース、なんだか気持ちよさそうです。
まずはスケッチブックにイメージを絵に。スラスラと書かれていくゴジラの顔が特徴をよく捕らえられて以外とお上手です。
クリアオレンジで成型されたソフビキットのゴジラに、ムギ球を仕込んだあと、尻尾と胴体の合いが悪く「最終的にはパテかな~」などと手馴れたご様子。
クリアオレンジの上からアクリル絵の具で、クリアオレンジ、赤などを着色されています。
エアブラシではなく、ふで塗りで進められており、手作り感が印象的です。
そのあと、自身で調合されたゴジラカラーで全体を着色。燃えている部分と皮膚のままの塗りわけがなかなかセンス良いですね。さすがゴジラファン。
その後、眼の筆入れで「ここが勝負です。」「あかん・・・失敗した」。
ん~残念でした。パパも思わずがっかり。
真剣な表情でリカバリ作業・・・
最後は、少し納得のいかない気分も残しつつも作業終了。
内部のムギ球を点灯したときもあまり表情はかわりませんでしたが、少しうれしそうです。

その後、場面はかわり、福島県へ向かう角田さん。角田さんが訪れたのは、なんと、原型師「酒井ゆうじ」さんのご自宅。
この方の名前を知らないゴジラファンは多分いないでしょうね。もちろんガメラファンもです。
パパが所持している初代ゴジラのソフビも酒井ゆうじさん原型のものです。
パパ、動いている巨匠をはじめて拝見し感動しました。いたって普通の方ですね~。
角田さんは、巨匠宅で、作成したバーニングゴジラをお披露目されています。
ドライアイスで水蒸気を表現し、ちゃんと内部を点灯!その後、ゴジラのマーチ(?)までハミングされて、かなりハイテンション。「背ビレの中に全部にムギ球しこんで・・・」とご説明。真剣な表情が印象的です。巨匠もドライアイスの煙をあおぎながら手でフレームワークをつくり、暖かく対応されています。良い方ですね。

その後、角田さんは、巨匠の仕事場で眼を書き方を伝授されています。手順は、以下でした。

①ゴジラの頭全体を皮膚の色でぬる。
②シンナーをつけた筆で眼の塗料をとかして、白眼の部分をつくっていく
 「この方法だと、白眼と黒眼の境目が自然にしあがる」と
③最後に透明な塗料で、眼に艶をだしてできあがり

画面では、ものすごいリアルな眼ができあがっています。
角田ゴジラの眼との比較映像がでて、「ん~さすが」とナレーション。
巨匠の作品との比較はさすがにお気の毒です。

上記の方法は、歯の部分にも適用されているのかもしれません。色味が同じように見えました。

その後、巨匠は、角田さんに「ご自身のイメージ塗られれば世界でたった一つのゴジラになる。私も自分のイメージで塗っています。」ととても深いお言葉。
角田さんもご納得しきり。

最後は、夜の自宅ベランダでバーニングゴジラを眺める角田さん。
なかなか迫力があるゴジラでカッコイイですね。

番組ではほんと格闘家らしく真剣につくっておられるのが印象的でした。でもお忙しい方なのですね。ほとんど一日の工程でつくってられたようでおどろきました。
組み立て・ムギ球しこみに4時間。塗装に10時間。計14時間強。

さて、話はかわりますが、パパがよくいく難波シティ南館2Fのキャラ物屋さん、怪獣のショーケースの中にずいぶん前から展示されているバーニングゴジラがあります。
Burning_godzilaこれです。

酒井ゆうじさん原型のキャストキットのゴジラ完成品で、価格は7万8000円。
携帯写真ではわかりずらいですが、このゴジラの塗りは本当に丁寧で素晴らしいです。ムギ球などの仕込みはもちろんありませんが、塗装だけで、燃えているように見えます。
口や眼の塗装も非常にリアルです。
パパは毎日、このゴジラに会えるのがとても楽しみです。
幸い(?)お値段のせいもあって、もう結構長い間、パパの眼を楽しませてくれています。

角田さんにも見ていただきたいですね。東店、左ウィングの奥です。
でも買っちゃだめですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「スライドドア操作の注意励起」きました

 トヨタから、「重要なお知らせ」がきました。エスティマのオーナーが対象というわけではなく、トヨタ車オーナーを対象に発行しているようです。
From_toyota 自動開閉装置、イージークローザー装着車での手づめや指詰めに対する注意の励起を促す内容です。
ケガをされた方がおられる様子。
自動開閉装置はママのエスティマにも両側のスライドドアに装備しています。子供でも簡単な操作で開閉ができるので、とても便利です。
以前、デリカに乗っていたときは、スライドドアは力いっぱい「ドガン」としめていましたが、それに比べると、かなりユックリと閉まりますから、安全に思えますが・・・。
子供のことですから、油断は禁物。気をつけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘蔵のガメラを開封、そして・・・

  G21 G22 今日は秘蔵(死蔵?)していたフィギュアを開封。X-PLUSの平成大怪獣シリーズのG24ガメラ(1996)です。

半完成品ですから、組立て。ドライヤーで暖めると簡単にはまりました。

フィギュアを取り出した後の箱絵も掲載しておきましょう。ガメラのロゴ字体って、毎回違ったのですね。

大きく開いた足がいかにもガメラ2のガメラさんです。かっこいい!!
レギオンとの最終決戦で滑空からタッチダウン、スライディングしながらプラズマ火球を撃つ超かっこいいシーンを思い出しますね。
G27_5G26_2G25     ガメラの造形はやはりガメラ3が一番ですが、こうしてフィギュアを眺めていると、ガメラ2のがガメラさんも全体のバランスがよくがとてもいいですね。
もっと早く開封すればよかった。

お顔はパパのイメージよりも若干、細身な感じがしますが、こちらのほうがかっこいいかも。発売されたのが、ガメラ3の公開後ですから、ガメラ3の強烈な造形の影響かもしれませんね。

G23_1G28ガメラ3のガメラさんは、頭部が鋭角的になりすぎてニワトリに思えるときがあるのはパパだけでしょうか?頭頂のトゲもトサカみたいです。

以前にいつものキャラ物屋でゲットした同じX-PLUSのガメラ3のフィギュアと比較すると、甲羅の大きさはガメラ3のほうが大きいのに、頭部や手がとても小さく、スケール違いなのがよくわかります。

G2pt1ひととおり、ブログ用の写真を撮り終えた後、今回もプチ特撮に挑戦!
プラズマ火球を撃つガメラさんです。火球はレンジファンの白熱球。火球にみえますかどうか・・・

それともう一つ・・・ 
実はこちらをやってみたくて秘蔵ガメラを開封したのですが、昨日買った「ショッカーマニア」を利用したガメラ2のパロディです。
黒戦闘員たちを何に見立てたかわかりますよね。ただ置いているだけなので、ガメラに取り付いてくれなくて困りました。

G29 G2pt2弟くんのおもちゃを利用したほうは倒れこんだガメラさんです。

ショッカー戦闘員を使ったパロディですが、やってはみたもののあまり面白くなかったので残念でした。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

「ショッカーマニア」、戦闘員が21人!

Shokerm1Shokerm2   昨日は、朝からとてもストレスフルな一日で、昼過ぎからひどい頭痛・・・、仕事もそこそこに早々に退社。帰りにヴィレッジ・ヴァンガードへよって、ストレス解消の買い物にはしった。
買ったのはコレです。
「ショッカーマニア」。値段は結構高くて、1029円。
中にはショッカーの黒い「骨」戦闘員が20人入っています。そしてもうひとつ、司令官でしょうか?、赤服が1人はいっています。一人あたり49円なのでやっぱりお高い。
流石に丁寧なつくりで、ちゃんとベルトまで塗り分けられています。手にしてみると思ったよりも割りと大きい。
パッケージには、「遊べる。飾れる。笑える。新感覚フィギュア」とありますが、フィギュアとしては、小さすぎるし、飾ってても見栄えはしない。
ほんと、ストレス解消のための計画的衝動買いでした。

Shokerm4Shokerm3実はパパこれを見た時、思いついたことがありました。
それはまた別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブラック・ジャック」のチビ本

 午後、なが~い会議がありクタクタ。定時後にしばしパークス5Fのヴィレッジ・ヴァンガードで、気分転換!
今日はいろいろ面白いものを見つけましたが少しだけご紹介。
Blackjack これです。
パパの指のサイズから大きさがわかりますか?
手塚治虫先生のブラックジャック全巻(18巻)です。お値段は6614円。
1冊あたり370円くらいです。amazonで普通サイズの本が410円なのでほとんどお値段は変わりません。
どこにでもBJ全巻を持ち歩きたい手塚マニア向けでしょうか?
大きさは小さいのですが、紙の厚さはどうにもならんようで1冊1冊は結構分厚い。
ちゃんと中身も印刷されているようですが、字読めるの?最近、老眼ぎみで近くの焦点が合いにくいパパにはとても買えません。
ブラックジャック以外の作品もありました。全作で8万円くらいしていました。
欲しい人いるのかなぁ?
漫画マニアのお友達に今度会ったら聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »